So-net無料ブログ作成

挽歌の夏 [詩]

か細く続く この小道
深い草いきれ 
すだきは始めた 虫

見てくれ これは歴史を貫く
細い糸のかがる 小道
静寂で
激動の現象はマーヤ(幻想)に過ぎない

高原のとある小道
草いきれと虫のすだき

歴史を野辺送る 道
雛菊が咲いている

私はあなたと散策を続ける
歴史の大波が
幻想のていをして襲いかかっている

我々は見るだろう
激動の二十世紀

さあ 野辺送り
道端の名もない花を摘んでくれ
香などたむけ

この晩夏に
古い秩序を送ろう

この高原の野辺は
永遠に続く道

細い歴史の糸がかがる


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1