SSブログ

日月神示とキリストの山上の説教 [詩]




『日月神示とキリストの山上の説教』

心の貧しい人々は、幸いである。
天国はその人たちのものである。

悲しむ人々は、幸いである。
その人たちは慰められる。

柔和な人々は、幸いである。
その人たちは地を受け継ぐ。

義に飢え渇く人々は、幸いである。
その人たちは満たされる。

憐れみ深い人々は、幸いである。
その人たちは憐れみを受ける。

心の清い人々は、幸いである。
その人たちは神を見る。

平和を実現する人々は、幸いである。
その人たちは神の子と呼ばれる。

義のために迫害される人々は、幸いである。
天国はその人たちのものである。

*日月神示
『光の子らは落ちぶれているぞ』
『ケダモノと光の子を分けるぞ』
『一筋のマコト通してくれよ』
『真剣ならば間違ってもいいぞ』


*宜しければ『新約聖書』新共同訳 『一二三神示』お読み下さい。
新共同訳は小見出しが付いていて独学に適切です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。